仮想通貨 FLACTURN


古川企画の事業利益に基づいた仮想通貨FLACTURNをIndieSquareにて発行しました。

《仕組み》

仮想通貨FLACTURNは、発行者がその期首に一定量の売建玉を発行し、期末に事業の利益に応じた買建玉を発行するものである。

《発行規則》
\[
期首売り建玉発行価格:x_{0}円\\
その期末利益:α円\\
税金及び取引利息等:0.6 ( 60 \% ) \\
コイン総発行数:n【FLACTURN】\\
\]

この時、期末の決算後、
\[
期末買い建玉発行価格 = \frac {(1-0.6)α}{n} + x_0 円  \\
買い建玉発行数 = 売り建玉発行数 \\
\]

を発行する。


★購入を検討される場合は、次の点に注意してください。

  1. 利益がマイナスの赤字決算であれば、期末の買建玉価格は元本割れとなる。
  2. 発行者は任意で発行総数を増やしたり減らしたりできる。

★決算
決算内容は、当HPにて発表するものとすし、決算時期は、
\[
\begin{array}
\hline
1Q & 5/1 \\
\hline
2Q & 8/1 \\
\hline
3Q & 11/1 \\
\hline
4Q & 2/1 \\
\hline
\end{array}
\]
を目安とする。


☆不明点

法律上の扱い:2018/01/17現在、仮想通貨は有価証券ではなくモノとして扱われることになっている。このため、金融商品取引法の対象にはならない。なので、通常の物品として扱われるものと考えられる。またパチンコなどの特殊景品として捉えられる可能性もあるが、この時問題になるのはは市場価格から乖離した価格で売買することである。本件では、市場での売買はもちろん自由であるし、それと別途に建玉を発行するにすぎない。